意外に多いかけ忘れ

外出する時はドアの鍵をかけるのは当たり前のことであり、空き巣などから家を守るにも鍵はかけなければいけません。
しかしながら急いでいるときや、やることが多いときなど、そのような場合は急いで家を出たために鍵をかけ忘れることもあります。

時には電車に乗ったりした時に、鍵をかけたかどうか心配になることもあるでしょう。
慌てて確認に戻るようなこともするのは大変であり、鍵をかけたかどうかすぐに分かるようなアイテムがあれば、外にいても心配する必要はありません。
そんな便利な鍵のかけ忘れを防止するアイテムをいくつかご紹介します。

かけ忘れ防止アイテム

・チェッキー
美和ロックから販売されているアイテムです。
これは鍵に取付けて使用するアイテムであり、鍵を閉めると色が変わり、色の変化で確認できる優れものです。
ドアの鍵を施錠すると、鍵の表示の色が白からオレンジに変わるので、色の変化で施錠したかどうかわかります。

・かけたよチャイム
こちらはドアのサムターンに取付けるタイプのアイテムです。
鍵を開けてサムターンが回るとトルコ行進曲が流れてきますので、鍵が開いている間は音楽が流れ、鍵を閉めていないことを知らせてくれます。
サムターンガードにもなって良いかもしれません。

・鍵かけた?
これはiPhone用のアプリであり、スマホの画面をタップするごとに時刻を記録してくれるアプリです。
鍵を閉める度にタップする癖を付ければ、鍵を閉めたことを記録して忘れる心配がありません。
Android用には似た機能の鍵閉めましたか?というアプリがあります。

・Lockitron
これは鍵自体を遠隔操作できるキーロックシステムです。
スマートフォンと携帯電話とパソコンから操作でき、これらがあれば、何処にいても鍵をかけたり開けたり出来ます。
鍵をかけるとその通知も届き、ドアの振動も記録して通知するので、誰かがドアを叩けば通知が届き、チャイム代わりになり便利です。
iPhoneとペアリングすると、ドアに近づくだけで鍵が開く機能もあります。
このキーロックシステムは、Lockitronの公式サイトから購入が可能ですが、日本で利用できるかどうかは不明です。

いかがでしたでしょうか?
このようなアイテムがあり、これらを使えば鍵のかけ忘れを防止することは可能です。
しかしこれらのアイテムは使うには購入しないといけないので、いくらかのお金がかかってしまいます。

もしもさらに安い値段で鍵のかけ忘れを防止するなら、鍵をかけたら何か一緒に行動をして記録するのです。
例えば、玄関にポストイットや輪ゴムを用意しておき、鍵をかけたら鍵に取付ける、鍵を開けたら取り外す、などのようにすれば簡単にかけ忘れを防止できます。